コドミン 3歳

落ち着きのない3歳は普通?子供の多動で悩むならコドミン

コドミンは3歳に使用できる?

 

幼稚園に通いだす3歳頃は生活環境の変化もあり、お友達とのトラブルや先生のお話を座って聞けないなど、ちょっとした問題は出てくるものですよね。

 

もう少しして馴染めば自然と落ち着く子もいれば、いつまでも集中できないお子さんもいます。

 

これは今までの生活や性格が関係しているだけでなく、ADHD(多動性障害・注意欠陥)である可能性もあります。

 

0歳児から多動の症状が出ている子もいますが、他の子供たちと接する機会が増える3歳頃に親が気付く場合も多いです。

 

コドミンは、ADHDの症状を緩和できると注目されているホスファチジルセリンという成分をたっぷりと配合しています。

 

薬ではなく、サプリメントで様子を見てみるというのも一つの手ですよね。

 

 

多動症は3歳では診断は難しい?

 

3歳時検診や幼稚園の先生から、多動の疑いがあるのではないか?と告げられた方も多いと思います。

 

じっとしていないのは普通の事だと思っていたし、子供だから当たり前だと感じますよね。

 

確かに、この年齢でじっとできない、集中しないなどの行動は通常の発達をしている子供でもある事です。

 

その為、まだハッキリとした診断は難しい場合があり、専門の医療機関でも「ADHDである可能性あり」と診断されることも。

 

ADHDであると診断されれば、治療薬が処方されることもあります。

 

でも、基本的に幼い子供には、発達の遅れや日常の生活の困難さをフォローする、心理療法や行動療法を重点的に行います。

 

 

コドミンはサプリメントなので安心

 

心理療法は大切な治療ですが、家庭でお子さんの心のケアを行っていると、お母さんの心労は絶える事がないでしょう。

 

ついイライラして怒鳴ったり叩いたりしてしまうかもしれません。

 

コドミンはサプリメントなので「ADHDである可能性あり」の段階でも摂取する事ができます。

 

配合成分であるホスファチジルセリンはには、集中力・判断力・記憶力などの向上効果があり、ADHDの症状を緩和できるとされているんです。

 

脳を活性化させる効果があるので、例えお子さんがADHDでなかった場合でも、決して害になる事がありません。

 

お子さんの症状が少しでも緩和されれば、家庭でのケアにも余裕が生まれ、お子さんも自信を持って行動できるようになるかもしれませんね。

 

お菓子のように、噛んだり舐めたりして食べられるラムネ味なので、押さえつけて無理やり飲ませることなくおやつ感覚で与える事ができます。

 

「嫌なものを飲まなくてはいけない」といった感じにならないので、お子さんもストレスなく摂取できそうです。

 

 

多動の疑いありな3歳児への接し方

 

  • 怒るのではなく、叱る

 

これはとっても難しい事ですよね。お母さんだって人間なんですから、つい感情的になってしまう時だってあります。

 

ADHDの子供は、一見するとワガママで怖いもの知らずのように思えますが、自己否定に陥りやすく傷付きやすいんです。

 

他の子と比べたり、人格否定するような言葉にとても敏感なので、カッときても心の中で3つ数えて、穏やかに接しましょう。

 

  • 子供の「わからない」を理解する

 

例えば静かにする場所で大きな声でおしゃべりをされたら、お母さんは慌てて「静かにしなさい!」と言いますよね。

 

でもADHDのお子さんは、そういった状況を判断するのが苦手です。静かにしなきゃいけない場面がわからないので、何故叱られたのかもピンとこない場合があります。

 

「今の声の大きさは5だから、2にしてみようか」と、一緒に小さい声を出しながら、ボリューム遊びで解決するお母さんもいます。

 

  • できる事に目を向ける

 

どうしてもできなかった事に注意が向きがちですが、ちょっとでも出来たことを褒めちぎってあげます。

 

椅子に10秒座れない子が、5秒座っていたら褒めてあげましょう。頑張ったね!できるね!と声をかける事で、お子さんの自信に繋がります。

 

ほんの少しの接し方の変化でも子供にとっては大きな変化になるかもしれません。

 

色々とうまくいかない時、どうしたら良いか不安な時は、医療機関などに相談をすると共に、コドミンについてもチェックしてみてくださいね。