多動症 特徴 3歳

うちの子もしかして多動症かもしれない?3歳頃の気になる7つの特徴

多動症の3歳児の特徴

 

日がな一日飛び回っているし、親の言う事なんて聞かない。怒って暴れまわると手が付けられないけど、これって3歳くらいの子なら普通じゃないの?

 

ADHD(多動症・注意欠陥)は幼い子供では判断がとても難しいものです。

 

幼稚園に通いだす3歳くらいから、他の子と比べてなんとなく発達障害の文字が頭をよぎる事も・・・

 

では、多動症の子供の特徴とは何でしょうか?

 

 

多動症の特徴7

 

おとなしく座れない・すぐに立ち上がって動いてしまう(座っていても足をじたばたさせる)

 

高い所に登るなどの危険な行為をダメときつく叱ってもやめない

 

常に飛び跳ねている走っているなど、体がいつも動いている

 

お片付けができない

 

静かにするべき場所でもおしゃべりが止まらず、声が大きい

 

順番が待てない

 

かんしゃくを起こしやすく怒りっぽい

 

発達障害にはいくつかの種類があります。

 

アスペルガー症候群や自閉症なども発達障害ですが、上記の特徴はADHDの子供によくみられるものです。

 

発達障害は、合併症状なども出やすく、多動症の特徴に当てはまっていても診察を受けているうちに、アスペルガー症候群と多動症を併発していたと診断されることも。

 

診断が難しい幼児期であっても、自己診断せずに専門の機関に相談する事をおススメします。

 

 

いつ多動症だと思った?お母さんたちの体験談

 

特に年齢が低いと「通常の子供でもこのくらいは・・」と、なかなか気付かない場合も多く、病院などにも行きにくいですよね。

 

多動症のお子さんを持つお母さん達はどんな時に「我が子が多動症かもしれない。専門の機関に相談しよう」と思ったのでしょう?

 

2歳半 男児

 

1歳半でまったく言葉を話さないなどの発達の遅れを気にしていましたが、男の子は言葉が遅いと母に言われ様子を見ていました。

 

2歳半頃にようやくママ・パパ程度で不安になり専門の場所で発達テストを行い、ADHDである可能性が高いと結果が出ました。

 

3歳 男児

 

保育園に預けていたのですが、保育士の方から「普段の様子からすると発達障害かもしれないので専門の病院を受診してみては」と言われました。

 

ショックだったので否定をし、目を合わさないとか、動き回るとか大したことではないし違うと思うと言いましたが、発達障害は集団生活での方が気付きやすいですと言われ納得しました。

 

4歳 女児

 

言葉の遅れなどは1歳過ぎから感じていました。2歳でイヤイヤ期に突入し、あまりの激しさに小児科に相談しましたが「そういう時期だから」と言われました。

 

しかし、突然のひどいかんしゃくや、奇声をあげて泣き続ける姿などを見た私の母が、性格や時期の問題ではないかもしれないよ?と一言。

 

地域の療育センターや専門の小児科に通う日々が始まり、4歳にしてADHDであるとしっかり診断されました。

 

3歳 男児

 

気になる発達の遅れなど感じませんでしたが、幼稚園に入った頃から友達といつまでも馴染んでいないような息子が気になりました。

 

すぐ怒ったりは性格だと思っていたし、シングルマザーなので我慢をさせていたりしたのだろうと反省しましたが、幼稚園の先生から多動などの発達障害かもと感じたことはありませんか?と言われました。

 

正直、考えてもみなかったですが、症状を検索するといくつも当てはまったため、地域のサポートセンターへ問い合わせ受診しました。

 

 

多くのお母さんは、周囲の人に言われて受診したり相談したりと行動を起こしているように感じます。

 

小さい子のワガママや落ち着きのなさは仕方ない、私が我慢して頑張ればいつか治まるはず!と思い、1人で悩み続けるお母さんもいます。

 

「保育園や幼稚園での集団生活の中で疑いを持つ → 専門機関に相談する → 幼児のうちははっきりと診断されずグレーゾーンと言われる → 小学生くらいの年齢になってADHDであると言われる」

 

この流れが非常に多いですが、3歳ほどの年齢でもADHDであると診断されることもあります。

 

まずは、ためらわずに相談に行くことが大切です。

 

また、最近では多動症の症状を改善させる、落ち着きサポートサプリメントなどもあるんです。

 

多動症のお子さんのケアはお母さん1人ではとても難しいです。

 

サプリなどの力を借りつつ、家族や地域の人々の協力のもと、できるだけ穏やかに子育てをしたいですね。